シミを消したい!馬油と重曹が良かった口コミ 体験談

6月に持病が悪化し、一か月半ほど入院しました。
その時に運悪く窓際の部屋にされてしまい、カーテンを閉めても陽射しが強くベットの上からあまり動けないので一日中太陽の光に当たっていました。

入院中にシーズンは夏に突入したので、かなり紫外線は強かったと思います。
もしかしたら薬の影響もあったかもしれませんが、入院期間にあっという間に顔のシミが増えてしまいました。

ほぼすっぴんでファンデーションなど使用していなかったことも原因だと思います。
特に気になったのは頬の高い部分(チークを入れるところ)です。

かなり目立つ酷いシミで、ファンデーションやコンシーラーでは隠せないほどでした。
退院してから気をつけたことはとにかく日焼け止めをこまめに塗ったことと、最初は「ケシミンクリーム」(小林製薬株式会社)を使用していました。

シミの対策と言えばケシミンクリームだと思っていたからです。

しかしあまり効果が感じられなかったのでネットで調べたところ、ケシミンクリームはシミを消すためのものではないらしいことが分かりました。

そこでシミの対策について検索したところ、「ソンバーユ」(株式会社薬師堂)がシミを薄くするのに効果的だということを知り購入しました。

私は入浴後、寝る前に気になる場所に毎日塗り込んでいます。

ソンバーユを使用するようになってから少しずつシミが薄くなってきました!

使い始めて一か月間くらいになりますが、今ではすっぴんでもほとんどシミが目立たないくらいになりました。
それからシミを薄くしていくには古い角質を落とすことも大切なので、ネットで調べて知った重曹洗顔、重曹パックも定期的にしています。

以前は市販の洗顔ピーリング剤を使用していたのですが、私の場合は重曹の方が効果がありました。
お肌もツルツルになって一石二鳥です。

シミを薄くするにはこれ以上酷くならないよう‟とことん焼かないこと“、そして一度出来てしまったものは‟落とすこと”の二点が大切だと思います。
古い角質を落とした後は保湿も大切です。重曹洗顔、重曹パックをした後は必ず化粧水や乳液で保湿し、ナノイースチーマーでケアしています。

重曹はかなり汚れを落とす力が強いので、カサカサしないよう気をつけなくてはなりません。

このようなわけで私の場合、シミを消すのに最も効果的だったのはソンバーユと重曹でした。

シミが増えると気になって自分に自信が持てなくなりますし、ついファンデーションを厚塗りしたり肌が暗くなったりするので年齢より老けて見えたりします。
これからも‟焼かないこと”と‟落とすこと”、そしてソンバーユの使用でシミのない明るい肌を目指してきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする